亜鉛に関しては、このページがお勧めです!

亜鉛の過剰摂取によって起こる症状

亜鉛は代謝を促したり、たんぱく質の合成、抗酸化作用などの働きを持っており、人間の健康において欠かせない存在です。
しかし、そのような働きを持つ亜鉛も過剰摂取をすると身体に不調をきたします。

 

これは亜鉛過剰症というもので、腸管内で、鉄と銅が吸収されるのを妨害してしまい、体内の鉄欠乏を起こします。

 

亜鉛,情報,過剰摂取,納豆,髪

それによってめまいや嘔吐、胃痛などの貧血に近い症状をもたらしてしまうのです。
時間が経過すれば治るような軽い症状ばかりであれば何とかなりますが、これらの状態を放っておくと、免疫にまで異常をきたしてしまいますから大変です。

 

どんなに身体によいものでもやはり過剰摂取は逆効果となってしまい、身体に何らかの不調やそれ相応の症状を起こしてしまいますから、適量を守ることが大切です。

 

 

野菜や肉、魚など、天然の素材から摂取する亜鉛が、過剰摂取になるという事はあまりなく、だいたいがサプリメントなど、その成分を凝縮したものを適量を守らずに飲みすぎるなどして、過剰摂取してしまうという事が多く考えられます。

 

サプリなどは簡単で手軽に飲めるため、どうしてもそれに頼ってしまいがちですが、本当はどの栄養成分にしても天然の野菜や果物、魚や肉のように手を加えられていないものから摂るのが身体にも良いわけです。
調理が面倒だというのも分かりますが、鉄欠乏による不快な症状を緩和するためにも、少しでも天然のものを食べる努力をするべきではないでしょうか。

 

 

過剰摂取とは逆に亜鉛が不足することにより起こる症状

 

食欲不振、発育不全、学習障害、神経障害(うつ等)、肌荒れ、免疫力の低下、脱毛、抜け毛、口内炎、疲れやすい、生理不順、不妊症、精力減退、勃起障害、前立腺肥大、視力障害、傷修復能力の低下、爪の異常、貧血など

引用:http://xn--ex-p42cy53be1toof.com/

 

などがあります。

亜鉛が含まれている食品の納豆

亜鉛には必要成分とする酵素は300種類以上あり、生命活動の根幹を支えているミネラルです。発育を促して傷の回復を早めたり味覚を正常に保つ働きをします。タンパク質をアミノ酸に分解する大切な酵素の材料であり、体内で出来る炭酸ガスを炭酸に換えて生体内を常に弱アルカリに保つのに必要な酵素の材料でもあります。

 

亜鉛が不足すると、免疫力の低下や、食べ物の本来の味がわからなくなってしまう味覚障害、脱毛、皮膚炎などの症状が現れる場合があります。これらは、細胞分裂が正常に行われなくなったことが原因で起こります。

 

新しい細胞の生成にも亜鉛は重要で、不足すると各種代謝が鈍ってしまいます。子どもの場合は成長障害が起こる場合もあります。

 

亜鉛,情報,過剰摂取,納豆,髪

薬局やインターネットでサプリメントはたくさん販売されていますが、食品でしっかりと摂ることが出来れば一番よいでしょう。多く含まれる食品はたくさんあります。例えば牡蠣や牛肉、うなぎやほたて、あわびには多く含まれています。レバーや牡蠣を接触的に食べればよいですが、なかなか毎日食べられる食品ではありません。また、加工食品や精製された穀類には含有量が低いので注意が必要です。

 

亜鉛を多く含み毎日食べることが可能な食品が納豆です。納豆には100g中1.9mgの亜鉛が含まれています。亜鉛は動物性タンパク質との相性が良いと言われています。体内に吸収された動物性タンパク質は亜鉛が全身にくまなく行き渡るようにする働きを持っています。動物性タンパク質は卵にも豊富に含まれているので納豆に卵を混ぜて食べるとさらによいでしょう。

亜鉛不足は髪にも影響が

亜鉛はたんぱく質の合成など靭帯の細胞分裂や健康維持の栄養素として人間には不可欠なミネラルの1つです。亜鉛が不足すると、欠乏症になり爪に筋が入ったり、色が悪くなったり割れたりする爪の異常が起きたり、肌荒れ、イライラなどを引き起こします。

 

亜鉛,情報,過剰摂取,納豆,髪

また亜鉛は髪にも影響があり、髪の毛の質が悪くなったり抜け毛が増えてしまうなどが起こります。また亜鉛は育毛に対しても必要不可欠な栄養素です。

 

男性型脱毛症の髪が細く短いまま抜けてしまうという症状を起こす原因である男性ホルモンを抑制する作用が亜鉛にはあるので、しっかりと補うことで抜け毛が減って正しいヘアサイクルを保てるようになります。また細胞分裂、皮膚、骨格形成に大きく関わる必須のミネラルであるため、抜け毛を少なくして美しい髪や、太く立派な髪の毛を育成できる可能性があります。

 

亜鉛は全身の細胞分裂の際や汗をかいたりすると消費され、女性は月経の際などにも消費されるもので、その他にもアルコールの分解、ストレスなどによっても減少します。

 

したがって不足しがちな栄養素でもあります。食べ物では牡蠣やレバー、うなぎ、ホタテ、あわび、アーモンド、チーズ、納豆、豆腐、きな粉、ゴマ、のり、エビ、卵、牛乳などに含まれ手軽にとることができる食品にも含まれているので、積極的に食事に取り入れるようにすると良いです。

 

またビタミンCやクエン酸を一緒にとると吸収が良くなるので酢や梅干などを組み合わせるようにすると良いでしょう。

髪にいい亜鉛の摂取すべき時間とは

髪の毛の悩みは非常に深刻です。ファッションなどにも大きな影響を与えてしまいますし、場合によっては帽子などで隠さなければならないほど目立ってしまう場合もあります。このような深刻な悩みを解消するために、植毛を行ったり、各種サプリメントや健康食品を摂取することで対処が行われます。

 

このような髪の毛の悩みに有効とされているものの一つに亜鉛が存在しています。亜鉛は、様々な食材に含有されていますが、その中でもお米に多く含まれています。亜鉛は、一種のミネラル成分で、体内で抜け毛の原因となる活性型男性ホルモンを増加させる成分を阻害するように働きます。

 

そのため、髪の毛が抜けることを防ぐように作用することになります。抜け毛が防げることは、非常に重要ですが、これ以外にも亜鉛は、毛母細胞を増殖させるように作用することになるため、育毛に大きな効果を期待することができます。このような育毛効果をより良く実践するためには、ある程度決まった時間帯に摂取することが好ましいことになります。

 

亜鉛,情報,過剰摂取,納豆,髪

亜鉛を摂取する時間帯は、各食後2時間を経過した頃が良く効果を示すことになります。

 

このような亜鉛を摂取する方法としては、サプリメントなどを利用したり、成分として含有している食材に焦点を絞って摂取する方法があります。サプリメントなどの場合は、日頃の生活の中で不足している成分を補う方法であるため、決められた時間に摂取しようとした場合には、非常に手軽に摂取を行うことが可能です。

 

最近話題のイミダペプチドって何?

最近様々なサプリメントなどでイミダペプチドという成分が配合されています。

 

イミダペプチドって何?

 

ということで、簡単に紹介します。
イミダペプチドは鳥のむね肉に含まれている成分です。渡り鳥は長時間飛び続けています。なぜあんなに長い時間飛んでいられるかと言えばこの成分があるから。
この成分は抗酸化作用があるとされていて活性酸素を除去すると言われています。

 

活性酸素は体に様々な不調をきたす原因になるため不必要な活性酸素はない方が良いのです。

 

渡り鳥が長時間飛んでいられる理由はここにあります。

 

疲労回復などの効果も期待できることから最近いろんなサプリメントにも配合されるようになっています。

 

ただ、どのくらいのイミダペプチドが配合されているのかはわかりませんので、イミダペプチドだけをとりたい場合はイミダペプチドドリンクを飲んだ方が良いでしょう。

 

サプリメントでおまけに入ってるような量ではなく、イミダペプチドのドリンクとして販売されているので効果もかなり期待できるでしょう。